東京都 パラリンピック選手発掘プログラム

本文へスキップ
文字サイズの変更
標準
大きい
ここから本文です。

11月4日プログラム

11月4日プログラム 実施報告

11月4日(日)、三鷹市総合スポーツセンター(SUBARU総合スポーツセンター)にて、今年度2回目の発掘プログラムを開催しました。
肢体不自由者・視覚障害者を対象にプログラムを展開し、56名が参加しました。今回は14競技での実施となりましたが、初の参加者も多く、競技団体の指導のもと非常に活気あふれる体験会となりました。


お昼には特別企画としてパラリンピアンをお迎えしたトークショー「先輩アスリートの声」も開催しました。
トークショーには先日のインドネシア2018アジアパラ競技大会に出場し、アーチェリー競技で銀メダルを獲得した上山友裕選手と、陸上競技で金メダル・銀メダルを獲得した澤田優蘭選手をお招きしました。
両選手からは競技との出会いからパラリンピックやアジアパラ競技大会でのエピソードまで、様々なお話を伺うことが出来ました。
また今回はより参加者に近い先輩アスリートとして、この発掘プログラムでボート競技に出会い、現在東京都が選ぶ東京アスリート認定選手となった有安諒平選手にもご出演いただき、現在の活動や出場大会での経験談もお話しいただきました。

競技との出会いのシチュエーションは3選手それぞれ異なりましたが、興味を持ったことに積極的にチャレンジしてみたことが自分の適性や才能との出会いにつながったという共通点が見られました。

  • 上山友裕選手上山友裕選手
  • 澤田優蘭選手澤田優蘭選手
  • 有安諒平選手有安諒平選手
  • アジアパラ競技大会のメダルを見せていただきましたアジアパラ競技大会のメダルを
    見せていただきました

両選手にも競技体験をしていただきました


また、当日は、競技体験の他に、専門家による相談ブースも設置しました。
今回専門家としてご協力いただいたのは、障害者スポーツのクラス分けや技術向上の研究をなさっている先生方で、山口県厚生農業協同組合連合会 小郡第一総合病院の横峯弘隆先生、河北医療財団 河北総合病院の杉山真理先生、杏林大学保健学部准教授の一場友実先生の3名です。
今回も多くの参加者が相談ブースを訪れ、簡易のクラス分けを受けたり、競技選択に関するアドバイスを受けるなどしていました。


今回は全体で14団体に体験プログラムを実施して頂きました。それぞれ、競技紹介や体験だけではなく、競技団体スタッフによる個別指導や普段の練習に関する情報発信なども行うなど、参加者の技術向上や競技選択をサポートしました。
競技団体相談会では、参加者から競技団体への相談はもちろん、競技団体から参加者への個別の声掛けもあり、参加者が本格的に競技に取り組むための、より丁寧なアドバイスや情報提供が行われました。

ご協力いただいた競技団体の皆様

  • 陸上競技
  • 陸上競技

陸上競技(関東パラ陸上競技協会)

  • バドミントン
  • バドミントン

バドミントン(東京障がい者バドミントン連盟)

  • ボッチャ
  • ボッチャ

ボッチャ(東京ボッチャ協会)

  • 自転車競技
  • 自転車競技

自転車競技(東京都自転車競技連盟)

  • 柔道
  • 柔道

柔道(日本視覚障害者柔道連盟)

  • パワーリフティング
  • パワーリフティング

パワーリフティング(日本パラ・パワーリフティング連盟)

  • ボート
  • ボート

ボート(日本ボート協会パラローイング本部)

  • 射撃
  • 射撃

射撃(日本障害者スポーツ射撃連盟)

  • 卓球
  • 卓球

卓球(東京身体障害者卓球連盟)

  • テコンドー
  • テコンドー

テコンドー(全日本テコンドー協会)

  • 車いすバスケットボール
  • 車いすバスケットボール

車いすバスケットボール(東京都車椅子バスケットボール連盟)

  • 車いすフェンシング
  • 車いすフェンシング

車いすフェンシング(東京都車いすフェンシング協会)

  • ウィルチェアーラグビー
  • ウィルチェアーラグビー

ウィルチェアーラグビー(日本ウィルチェアーラグビー連盟)

  • 車いすテニス
  • 車いすテニス

車いすテニス(東京車いすテニス協会)

  • 競技団体相談会
  • 競技団体相談会

(競技団体相談会)


次回は12月1日(土)に東京スタジアム(味の素スタジアム)西競技場で知的障害者・肢体不自由者・視覚障害者を対象としたプログラムを実施します。(申込受付は終了しました)
現在は2月3日(日)に日本財団パラアリーナで開催される一定以上の競技経験を持つ肢体不自由者・視覚障害者を対象としたプログラムについて参加申込を受付中です。

申込はこちら

本文はここで終了です。