東京都 パラリンピック選手発掘プログラム

本文へスキップ
文字サイズの変更
標準
大きい
ここから本文です。

9月30日プログラム

9月30日プログラム

9月30日(日)、江戸川区スポーツセンターにて、今年度1回目の発掘プログラムを開催しました。
今回は知的障害者・肢体不自由者・視覚障害者を対象にプログラムを展開し、朝から雨が降るあいにくの一日でしたが、47名が参加しました。
なお、今回は台風の影響もあり、プログラムを一部変更しての開催となりました。
参加者はそれぞれ最大3つまでの希望競技で、競技団体の指導を受けながら意欲的に挑戦していました。

  • 開会式の写真
  • 開会式の写真

当日は、競技体験の他に、専門家による相談ブースも設置しました。
今回専門家としてご協力いただいたのは、河北家庭医療学センターの杉山真理先生と東京大学大学院助教の平松竜司先生です。障害者スポーツのクラス分けや技術向上の研究をなさっているお二人に、多くの参加者が競技選択に関するアドバイスを受けたり、クラス分けに関する相談をしていました。

  • 開会式の写真

    (相談ブース)

  • 開会式の写真

    (資料コーナー)


今回は全体で5つの競技団体による体験プログラムを実施しました。それぞれ、競技紹介や体験だけではなく、競技団体スタッフによる個別指導や普段の練習に関する情報発信なども行われ、参加者の技術向上や競技選択をサポートしました。
競技団体相談会では、競技団体が参加者ごとの状況を聞き取り、より丁寧なアドバイスや情報提供を行いました。

ご協力いただいた競技団体の皆様

  • カヌーの写真
  • カヌーの写真

カヌー(日本障害者カヌー協会)

  • ボートの写真
  • ボートの写真

ボート(日本ボート協会パラローイング本部)

  • 水泳の写真
  • 水泳の写真

水泳(東京都障害者水泳連盟)

  • 卓球の写真
  • 卓球の写真

卓球(東京都知的障害者卓球部会)

  • トライアスロンの写真
  • トライアスロンの写真

トライアスロン(東京都トライアスロン連合)


  • 競技団体相談会の写真
  • 競技団体相談会の写真

(競技団体相談会)

次回は11月4日(日)に、三鷹市総合スポーツセンター(SUBARU総合スポーツセンター)にて、肢体不自由者と視覚障害者を対象としたプログラムを実施します。(申込受付は終了しました)

本文はここで終了です。