東京都 パラリンピック選手発掘プログラム

本文へスキップ
文字サイズの変更
標準
大きい
ここから本文です。

先輩アスリートの声

平成30年度に開催した発掘プログラムにご協力いただいた先輩アスリートからのメッセージです。

氏名 上山 友裕(うえやま ともひろ)
所属 三菱電機株式会社
専門競技 アーチェリー
プロフィール 大学入学後、友人の誘いでアーチェリーを始める。
  • 2015年 パラアーチェリーワールドランキングイベント(アメリカ)個人リカーブ(オープン) 1位
  • 2016年 リオ2016パラリンピック競技大会 リカーブ個人 7位
  • 2015~2017年 文部科学大臣杯争奪第45回身体障害者アーチェリー選手権大会 リカーブ 1位
  • 2016年~国内パラ大会無敗
  • パラアーチェリーワールドランキングトーナメント(タイ)リカーブ混合MIX銀メダル
  • 2018年10月 アジアパラ競技大会(インドネシア)リカーブ混合MIX 銀メダル
東京2020パラリンピック競技大会にて満員のアーチェリー会場で金メダル獲得を目指し、トレーニングに取り組む。
参加者への
メッセージ
上山選手自分にあっているものなんてやってみないとわかりません。
私も偶然友達に誘われたアーチェリーをはじめ、パラリンピックに出場する選手にまで成長しました。
夢と目標の両方を常に持って頑張っていれば必ず楽しい人生が待っています。
まずはやってみて楽しいと思う競技を見つけてください!
氏名 澤田 優蘭(さわだ うらん)
所属 株式会社マッシュスポーツラボ
専門競技 陸上競技(走り幅跳び、100m)
プロフィール
  • 2008年 北京2008パラリンピック競技大会 走り幅跳び・100m出場
  • 2009年 アジアユースパラゲームズ(東京) 100m、200m、走り幅跳び 金メダル
  • 2010年 アジアパラ競技大会(広州) 100m 金メダル
  • 2013年~2014年 一時休養
  • 2018年10月 アジアパラ競技大会(インドネシア)100m金メダル、走り幅跳び4位、ユニバーサルリレー銀メダル
東京2020パラリンピック競技大会への出場、メダル獲得を目指している。
参加者への
メッセージ
澤田選手私は中学生の頃から陸上競技をしていましたが、病気の進行に伴い、16歳の時に盲学校に入学したことでパラ陸上と出会いました。17歳の時に北京パラリンピックに出場して、世界の強さを痛感し、もっと強くなりたいと思い、再びパラリンピック出場を目指してトレーニングに励んでいます。パラスポーツを通して、目標に向かって頑張ることの楽しさ、たくさんの人との繋がりを知り、人生が大きく変わりました。皆さんも自分の可能性を信じて挑戦してみてください!

本文はここで終了です。