東京都 パラリンピック選手発掘プログラム

本文へスキップ
文字サイズの変更
標準
大きい
ここから本文です。

9月10日プログラム

9月10日プログラム 実施報告

9月10日(日)、東京都立文京盲学校にて、視覚障害者を対象とした発掘プログラムを開催しました。当日は好天にも恵まれ、24名の方に参加いただきました。

開会式では、競技団体による競技紹介に続いて「国際クラシファイア」の資格を持つ清水朋美先生によるパラリンピックのクラス分けについての説明が行われました。清水先生は国内に4名しかいない視覚障害の国際クラシファイアのひとりで、説明を通じて参加者のみなさんにクラス分けの重要性を知っていただくことができました。

開会式の写真

開会式の写真
開会式の写真

開会式後、参加者はそれぞれが希望した4つのコースに分かれて競技を体験し、競技団体の方からの熱心な指導や解説を受けました。


ご協力いただいた競技団体の皆様

陸上競技の写真
陸上競技の写真
陸上競技の写真

陸上競技(関東パラ陸上競技協会)

陸上競技の写真
陸上競技の写真

陸上競技(日本ブラインドマラソン協会)

自転車競技の写真
自転車競技の写真

自転車競技(東京都自転車競技連盟)

ボートの写真
ボートの写真

ボート(日本パラローイング協会)

水泳の写真
水泳の写真

水泳(東京都障害者水泳連盟)

トライアスロンの写真
トライアスロンの写真

トライアスロン(東京都トライアスロン連合)

また、当日はコーディネーターや専門家による相談コーナーを設置して、参加者へのアドバイスを行いました。このコーナーでは国際クラシファイアの清水先生に加え、大野建治先生にも参加者の相談に乗っていただきました。

相談コーナーの写真
相談コーナーの写真

相談コーナー

午後には、過去の参加者を対象にしたフォローアッププログラムを行い、清水先生を講師としてパラリンピックに関する情報や競技に取り組んでいくための実践的な講義を実施した他、競技団体による相談会も開催されました。

フォローアップ講習会の写真
フォローアップ講習会の写真
フォローアップ講習会の写真

フォローアップ講習会/競技団体相談会

次回は2017年11月12日に、東京都多摩障害者スポーツセンターにて、運動習慣のある知的障害者と、一定の競技経験を有する肢体不自由者及び視覚障害者を対象としたプログラムを実施します。(申込はこちら

本文はここで終了です。