東京都 パラリンピック選手発掘プログラム

本文へスキップ
文字サイズの変更
標準
大きい
ここから本文です。

実施報告(平成28年度)

8月21日プログラム

8月21日(日)、東京都障害者総合スポーツセンターにて、発掘プログラムを開催しました。

8月21日プログラム

当日は好天にも恵まれ、151名が参加して、午前中から13の競技が実施され、参加者の皆さんは希望する競技を熱心に体験しました。

お昼には、パラリンピアンによるトークショー「先輩アスリートの声」が開かれ、パラリンピックに出場したアスリートとして障害者スポーツへの思いや印象に残った経験を語っていただきました。

午後にも11の競技を実施し、参加者の皆さんに、パラリンピックにはどんな競技があって、自分にはどんな競技が向いているか、実際に体験して感じてもらいました。当日指導者としてご協力いただいた競技団体の方々からは、有望そうな選手を見つけることができたというご意見もありました。

ご協力いただいた競技団体の皆様

アーチェリーアーチェリー
(東京都身体障害者アーチェリー協会)
陸上陸上競技(関東パラ陸上競技協会)
(日本盲人マラソン協会)
(日本知的障がい者陸上競技連盟)
バドミントンバドミントン
(東京障がい者バトミントン連盟)
ボッチャボッチャ(東京ボッチャ協会)
ゴールボールゴールボール
(東京都ゴールボール連絡協議会)
ボートボート(日本パラローイング協会)
射撃射撃(日本障害者スポーツ射撃連盟)
シッティングバレーボールシッティングバレーボール
(日本パラバレーボール協会)
水泳水泳(東京都障害者水泳連盟)
卓球卓球(東京都知的障害者卓球部会)
テコンドーテコンドー(全日本テコンドー協会)
トライアスロントライアスロン(日本トライアスロン連合)
車椅子バスケットボール車椅子バスケットボール
(東京都車椅子バスケットボール連盟)
車いすフェンシング車いすフェンシング
(日本車いすフェンシング協会)
車いすテニス車いすテニス(東京車いすテニス協会)

11月13日プログラム

11月13日(日)、都立八王子盲学校にて視覚障害者を対象とした発掘プログラムを開催しました。

11月13日プログラム

秋晴れの空の下、22名の参加者の方が希望した競技を熱心に体験されました。今回は、5競技を4つの体験コースに分けて設定しましたが、一日一緒にコースを回った参加者同士が互いに交流を深める姿も見られました。

また、東京都障害者スポーツ協会の近藤 和夫氏を講師として、パラリンピックの競技などを詳しく説明した講習会も同時開催しました。こちらには5名の方が参加し、パラリンピックを目指すために必要な知識や心構えを学びました。

講習会講習会

ご協力いただいた競技団体の皆様

陸上競技 陸上競技
陸上競技(関東パラ陸上競技協会、日本盲人マラソン協会)
ゴールボールゴールボール
ゴールボール(東京都ゴールボール連絡協議会)
柔道柔道
柔道(日本視覚障害者柔道連盟)
ボートボート
ボート(日本パラローイング協会)
トライアスロントライアスロン
トライアスロン(日本トライアスロン連合)

12月18日プログラム(知的障害者向け)

12月18日(日)、武蔵野総合体育館にて、今年度3度目の発掘プログラムを開催しました。当日は2部構成で、午前は運動習慣のある知的障害者を対象としたプログラム、午後は一定の競技経験を有する肢体不自由者及び視覚障害者を対象としたプログラムを行いました。

12月18日プログラム(知的障害者向け)

冬とは思えない暖かな陽気に恵まれ、午前のプログラムには、66名の参加者の方が集まり、陸上競技・水泳・卓球の3競技の中から希望した競技に熱心に取り組んでいました。

また、山梨学院大学の谷口 裕美子教授を講師にお迎えし、パラリンピックの歴史や競技などの説明やリオ大会の現地の様子を紹介する講習会も同時開催しました。

講演会 講演会

こちらには10名の参加者と、その介助者たちが参加し、パラリンピックを目指すために必要な知識や心構えを学びました。

ご協力いただいた競技団体の皆様

陸上競技
陸上競技(日本知的障がい者陸上競技連盟)
水泳水泳
水泳(東京都障害者水泳連盟)
卓球卓球
卓球(東京都知的障害者卓球部会)

12月18日プログラム(肢体不自由者及び視覚障害者向け)

12月18日(日)、武蔵野総合体育館にて、今年度3度目の発掘プログラムを開催しました。当日は2部構成で、午前は運動習慣のある知的障害者を対象としたプログラム、午後は一定の競技経験を有する肢体不自由者及び視覚障害者を対象としたプログラムを行いました。

午後のプログラムには、27名の方が参加しました。こちらは競技前に競技選択の面談を実施し、参加者が専門家等と相談のうえ、希望競技や競技団体側から誘いのあった競技を中心に当日体験する競技を最大3つまで選択して頂きました。

12月18日プログラム 12月18日プログラム

その後、参加者は各競技の実施エリアに分かれて、複数の競技に取り組みました。1コマ45分ずつの短い時間でしたが、少人数で密度の濃いプログラムとなりました。

ご協力いただいた競技団体の皆様

陸上競技陸上競技
陸上競技(関東パラ陸上競技協会)
バドミントン
バドミントン(東京障がい者バトミントン連盟)
ボッチャ
ボッチャ(東京ボッチャ協会)
カヌーカヌー
カヌー(日本障害者カヌー協会)
柔道柔道
柔道(日本視覚障害者柔道連盟)
パワーリフティング
パワーリフティング(日本パラ・パワーリフティング連盟)
ボートボート
ボート(日本パラローイング協会)
射撃射撃
射撃(日本障害者スポーツ射撃連盟)
シッティングバレーボール
シッティングバレーボール(日本パラバレーボール協会)
水泳水泳
水泳(東京都障害者水泳連盟)
卓球卓球
卓球(東京身体障害者卓球連盟)
テコンドーテコンドー
テコンドー(全日本テコンドー協会)
トライアスロントライアスロン
トライアスロン(日本トライアスロン連合)
車椅子バスケットボール
車椅子バスケットボール(東京都車椅子バスケットボール連盟)
車いすフェンシング
車いすフェンシング(日本車いすフェンシング協会)
車いすテニス
車いすテニス(東京車いすテニス協会)

2月19日プログラム

2月19日(日)、東京都多摩障害者スポーツセンターにて、今年度4度目の発掘プログラムを開催しました。今回は運動習慣のある肢体不自由者・視覚障害者が対象です。

2月19日プログラム

当日は、33名の方が集まり、体力測定や希望競技の体験を行いました。午前は、初めての取組として参加者一斉での体力測定です。握力やバランステスト、3分間歩行やエアロバイクといった測定項目の中から、参加者の障害の状況に応じて実施し、体力や身体の動作を確認しました。競技団体の皆さんも、その様子を真剣に見守っていました。

握力測定バランステスト

続いて、午後は、参加者が希望した競技に分かれて、競技体験を実施しました。参加者の方々は、午前中に実施した体力測定の疲れも見せず、熱心に競技に取り組んでいました。

また、日本スポーツ振興センターの平松 竜司氏を講師にお迎えし、講習会も同時開催しました。こちらには16名の方が参加し、パラリンピックを目指すために必要な知識や、アスリートになるための心構えなどについて学びました。


ご協力いただいた競技団体の皆様

講習会講習会
陸上競技陸上競技
陸上競技(関東パラ陸上競技協会)
カヌーカヌー
カヌー(日本障害者カヌー協会)
パワーリフティングパワーリフティング
パワーリフティング(日本パラ・パワーリフティング連盟)
ボートボート
ボート(日本パラローイング協会)
トライアスロントライアスロン
トライアスロン(日本トライアスロン連合)
本文はここで終了です。